結婚式をするなら必見!あまり知られていない披露宴と会食の違い

ここにテキストを入力

結婚式の普通の流れとしては挙式→披露宴が一般的です

しかし、披露宴ではなく会食になる結婚式もあります

では一体、会食と披露宴って何が違うんでしょうか?


披露宴と会食の違い

実は自分も結婚式を挙げるまで披露宴と会食の違いが分かりませんでした。むしろ、結婚式場を探している時に初めて会食の存在を知ったぐらいです…(苦笑)

結婚式場を探している時に凄く気になっていたのでプランナーの人にズバリ聞いてみました


披露宴と会食の違い…実はこれといった定義が無いみたいです

ズコーッ

なんじゃそりゃってなりますが、これが披露宴であれが会食と断定することは無いそうです。


凄く曖昧な表現になりますが

披露宴=大人数

会食=少人数

このぐらいの認識で良いと式場に人に言われました。実際、会食も披露宴も同じ会場でやるし、プラン内容もほとんど変わりません。明確な違いは人数の差があってアットホームな雰囲気にするのかどうか言った感じです。


披露宴

家族、親戚だけでなく友人、会社の同僚・上司などの来賓と言った幅広い層を招待することによって人数が多い時に披露宴として言葉が使われます。規模は30人〜100人以上。


会食

いわゆる家族、親戚のみと小さい規模で行われる場合に呼ばれることが多いです。規模は10人〜30人など少ない人数で行います。親族だけだと余興がなかったり、特別な演出をする事もないのでゆっくり食事を楽しむ事を重点に置いているので披露宴というよりかは会食という言葉がしっくりくるそうな。


結婚して夫婦になった二人を互いの両親に紹介を兼ねてお披露目するのが目的なので根本的な事は同じ。会食プランを選んでも中身は披露宴と同じなので、披露宴と会食は根本的な違いはないと認識でOK



では、どういう時に会食を選ぶのか?



会食は言ってしまうと、ほぼ食事だけで特にイベントや演出はなしになります。カジュアルな立食パーティーなどもその一つです。親族のみで披露宴を行う場合なら会食という形になる事が多いです。ただ、「会食」というワードが嫌な人もいるようで、中身は会食に近いが披露宴としての名目にしている場合が結構あります。先ほども言いましたが披露宴と会食に明確な違いはありません。

ある程度、アットホームな結婚式であっても、友人も呼んでフルコースで料理を出して演出を入れるようなきちんとした結婚式になるなら「披露宴」とした方がゲストも安心して出席できるかと思います。

とにかく挙式だけあげたくて披露宴とかは何でも良い(そんな人あまりいないけど…)って人は会食にした方がゲストも気軽に過ごせるかなと思います。会食だと司会者がいない事もありますし費用的にはかなり抑える事も出来るので、できるだけ金額を少なくしたい人は会食プランにしたいと式場の人に伝えてみてください。

自分が式場見学に行った経験だと

レストラン兼結婚式場みたいな所は会食にしやすい雰囲気はあります。レストランだから会場も狭く、人数も50人程度までがほとんど。ホテルやゲストハウスなどは会食にしても結局使う会場は一緒だから披露宴に見えてしまうと思います。これだけ色々書きましたが、本質的には披露宴も会食も一緒だと思って下さい。もし、分からない・気になる部分があるなら結婚式場の人に聞けばスムーズに答えてくれます。多分、どこの式場の人に披露宴と会食の違いを聞いても「特に大きな違いはない」と答えてくるはずです(笑)


シンプルな会食の流れになる場合

ゲスト着席

新郎新婦入場

ウェルカムスピーチ(新郎新婦)

乾杯

歓談

〆の挨拶(新郎)

お開き


と〜ってもシンプルですね(笑)

普通の披露宴なら、主賓の挨拶、ケーキ入刀、生い立ちDVD、余興、お色直し、キャンドルサービス、新婦の手紙など色々プログラムが組み込まれていますがシンプルな会食だと本当に食事だけするといった感じです。実際にこのような会食をする人もいます。少人数だと盛大にやるのはちょっと気が引けると思う人が多いので会食になるケースになるんですね。

会食でもウェルカムスピーチと〆の挨拶ぐらいは必須になってきますね。

長々としたスピーチや挨拶、堅苦しい儀式に沿った内容が嫌いであれば自由な時間が多い会食にするといいでしょう。


披露宴と会食はほとんど変わらないと言いましたので費用のほども基本は変わりません

ただ、少人数の方がシンプルな会食がやりやすく自然とやることは減るので費用は抑えれるかと思います。



まとめ

結婚式は一度きりです。

経験させてもらった私から言わせてもらうと、ベタですが後悔のない結婚式を開いて下さい。自分たちができる間の範囲でできるならトコトンやるべきです。もちろん、やりすぎて結婚式代が払えないなんて事になると笑えません…(苦笑)

お金がない場合はどうしても妥協しないといけない所は出てきます。私は自分よりゲストをもてなす気持ちが強かったのでそれなりの料理や演出も盛り込んでしっかりとした披露宴の形で結婚式を挙げました。

一番大事なのは何のために結婚式と披露宴をするのかです。ただ、結婚したから結婚式をするという考えではいけません。披露宴と会食の明確な違いはありませんが少人数で挙式だけ挙げれば十分な夫婦は会食にするのが良いと思います。


まずはじっくりと二人で話し合い、結婚式場の人とも相談しながら決めていきましょう。